納骨堂の特徴

outside the cemetery

納骨堂は寺院だけが運営しているわけではありません。寺院以外の団体も納骨堂の運営を行っている納骨堂が存在しています。また、それぞれに違った特徴もあるので知っておくと利用する時にはどれが自分に合っているかが分かるでしょう。

Read more

奥深い納骨堂

funeral car

今ではお墓と同様に自然と存在している納骨堂。そもそも納骨堂とはいつの時代から存在しているものなんでしょうか。納骨堂はもともと霊廟(れいびょう)と呼ばれており、奈良時代前後で発掘された資料の中に出現しているはるか昔から存在しているもののようです。ちなみに江戸時代の後半から墓石の風潮が誕生したので、実は納骨堂の方が長い歴史を持っていたのです。
また納骨壇というものがあり、ここには貴族・豪族・天皇家という上流階層の人々が自分達の栄華を存続するために遺体を地下に埋葬するのではなく、一戸の建物を建ててその中に遺体を安置した事から始まったそうです。その子孫達によって供養をされていくのですが、これが永代供養の始まりとも言われています。
ちなみに先ほど書いた墓石についてですが、まだ遺体を火葬するという事がなかった時代のため、鳥や獣に遺体を傷つけさせないために川の石などによって防御した事が墓石の始まりとも言われており、明治に入り現在のような墓石の形へとなっていったそうです。
納骨堂の歴史は日本のあらゆる土地でも歴史があり、九州地方では上京する時に菩提寺(ぼだいじ)に先祖の遺骨を預けていく「骨預かり」という習慣が出来上がっていたそうです。そのために寺院がいったん預かった遺骨を保管しておく目的から納骨堂が始まったとも言われています。
一般的には遺骨を墓石に安置する風習ができていますが、実は納骨堂は墓石よりも歴史が長くそして貴族などの階級が高い人などが行っていた奥深い歴史を持っていたのです。

納骨選びのコツ

cemetery grave

今では全国各地にある納骨堂。しかも普段の生活に馴染みがない人もいるのでどう選んで良いのか分からない人もいます。そんな時はいくつかの部分に気をつける事で故人を安らかに眠らせる納骨堂を選ぶ事ができるのです。

Read more

永代供養とは

entrance to the cemetery

納骨堂についてを調べている時に目にする事が多い永代供養。「永代供養ってなんなんだ?」と思う人もいます。これについて知っておくと故人のためにとても大事な役割を担っている事がわかります。

Read more

Copyright © 2016 もっと知りたい!納骨堂についてのアレコレ. All Rights Reserved | Design by W3layouts